タティングレース

タティングレースと初めて出会ったのは、今から7年前。
なにか習い事を始めようかなと思っていた時、
一日体験教室に参加したのが、最初でした。
レースとか、かわいいものが大好きでしたが、タティングレースという名前すら
聞いたことがありませんでした。
大掛かりな道具も必要なく、手軽にできそうだったので、参加してみました。
先生の作品を拝見させていただいて、驚きました。
こんなに繊細で凛としていて、なおかつかわいらしい。
そんなレースが、シャトルという小さな道具で、出来てしまうなんて衝撃でした。
さらに、ビーズが好きだったので、ビーズを入れたネックレスを見て
こういうのが作りたいと思いました。
藤戸禎子先生だったというのもよかったと思います。(その時は、まだ何も知らなかったのですが)
帰りに早速、本屋さんで本を探して買ってかえりました。
今では、なかなか手に入らない先生の本も、その時には、まだなんとか買えました。
それから月に2回通いました。
とにかく、作るのが楽しくて楽しくて、夢中でカシャカシャしていました。
タティングレースは、一生やっていこうと思っています。


今年の冬に作ったものを一つご紹介します。
まだ、寒い頃だったので、毛糸を使って暖かさを出してみました。
f0214688_110130.jpg

ロングネックレスです。
名前
URL
削除用パスワード
by atelier_sakamichi | 2010-03-05 15:45 | タティングレース | Comments(0)