タティングレース ビーズへの糸の通し方

今度は、ゴールドフラワーで、秋色のラリエットを作りたいと思い、
せっせとお花を制作中です。

f0214688_10391697.jpg

しかし、このお花、花弁が4枚しかないのに思った以上に時間がかかります。
時間がかかってしまう1番の理由は、淡水パールに糸を通すのが大変ということなんです。

いつも作品の発表ばかりで、テクニック的なことを何も書いていないので、
今日は、ビーズへの糸の通し方について解説してみたいと思います。

でも、あくまでも私なりのやり方なので、「そんなこといちいちやってるの」と
もどかしく思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
そう思われたら、スルーしてくださいね。


最初から糸にビーズを通しておく場合は、問題ありませんが、後から編みながらビーズを入れていく場合、普通はかぎ針で、ビーズの穴から糸を引き入れます。

その時に、ビーズの穴が大きければいいのですが、小さくてかぎ針が入らない場合があります。
特に、淡水パールやさざれの穴は小さく、とても無理です。
私は14号の針を使っていますが、それでも無理です。

そこで、最初にやり始めたのは、スリーカットビーズなど糸に通して売ってあるビーズの糸にボンドをつけて、カチカチに固め、それをピコットの輪の中に通してその両端をビーズに通していました。
そして、ビーズから出てきたピコットの輪の先にかぎ針を入れて糸を通します。

今は、ボンドで固めた糸から、細いテグスに変わりました。

f0214688_161571.jpg

これを使っています。
でも、これがまた細くてすぐに行方不明になるし、
すこし日が陰ると、よく見えなくなっちゃうんですよね。
そんな訳で、時間がかかってしまうんです。

私は、こんなやり方をしていますが、皆さんは、どうされているのでしょう。
きっともっと良いやり方があるかもしれませんね。


今日は、お庭の紅葉がきれいになったので、写真に撮ってきたのですが、
長くなってしまうので、また明日にします。

では、また明日 ♪


よろしかったら、ぽちっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
見に来て下さって、ありがとうございました。
Commented by ちゅー at 2010-11-09 18:02 x
私は糸通しを使ってます。
細い糸なら問題ないのですが、40番の糸でピコに入れようとしてやったら途中でつっかえて、糸通しのワイヤーが伸びてしまいましたが・・・。糸4本分になっちゃたから(-_-;)

今日の寒さで紅葉は綺麗ですねっ うちでもやまぼうしが赤くなってきました♪

Commented by くっぴー at 2010-11-09 20:46 x
私は、ボンドで糸を固めてました。
確かにテグスは、便利かも。
これからも、ご教授よろしくです。
Commented by atelier_sakamichi at 2010-11-09 20:59
☆ ちゅー さんへ
そうですか。糸通しがどのようなものなのかわからないですが、とにかく小さい穴の中を糸が4本通らなければならないので、細くなければ通らないんですよね。それにのびたり、切れたりしては役に立たないのですよね。

また急に冷え込んできたので、この2、3日でいっきに赤くなりそうですね。
Commented by atelier_sakamichi at 2010-11-09 21:15
☆ くっぴー さんへ
くっぴー さんもボンドで固めた物を使っていたんですね。
ただ、すぐにへなへなになってしまうんですよね。
テグスだと、柔らかくなってしまうことはないけど、
逆にピンピンしてて先の2本を合わせるのが大変だったりします。
どちらも一長一短ですね。
名前
URL
削除用パスワード
by atelier_sakamichi | 2010-11-09 16:27 | タティングレース | Comments(4)